ハーブ収穫の記録 覚書 (リキュール用)

漬け込み用 収穫(一部記録)

ローマンダブル 収穫 コモンタイム Common thyme 収穫 スイートマジョラム Sweer majorana 収穫 レモンバーム lemon barm 収穫 アルテミシア xx 収穫 sage セージ 収穫 漬け込み ハーブ

記録用
収穫2017/8/19
この年は、菊が市場から早々に無くなった。
成長が早い。
シナノキも開花が2週間以上早かった。

また量に関しては、
間違って草刈りに巻き込まれ、人為的な面でも収穫量が減少。

その代わり、使える素材がないか新たな視点で庭を眺め、今まで本腰を入れなかったリキュールの文化を力を入れることに決めた。

その過程で花材としてタンジー Tanacetum vulgare に目をつける。
リキュールとして、Artemisia absinthiumに目をつける。Ruta graveolensに目をつける。

また、利用するベースのアルコールの選定も既成概念にとらわれず、失敗してもいい前提で感覚でジン・ウォッカ・ブランデー・白ワインなどを使用する。

作品ではないので、記録撮影には基本的に、iphone5s Adobe Lightloomでiso40で撮影。バックのペーパーなどは、花屋資材を利用。8/19は自然光、基本晴天、時々曇天、午前中。