photos

きつねさま

あたらしい本づくり

あたらしい本づくり。作るところから売るとこまであたらしい。

そんなあたらしい本を作るのは、みっちゃんこと來嶋路子さん
ミッフィーやスヌーピー美術館の本を編集している敏腕編集者さん。本の職人さん。
(怪獣のような面白いちびっこ連れてあるいている敏腕かあちゃんでもあります。)

このど田舎で、技と知恵があつまれば、きっとすごいことになるのでしょう。

厳しい北の土地で、ながいながい間、実現出来なかった、雪ふる長い冬をたしかに超えるための仕事の知恵が、ちょっとずつ積み重なってきています。

市街地ではない北海道で暮らすひとは、だいたい冬の仕事を別に持っているような気がしますが
そのうち、とおくへ出稼ぎにいかずとも、自分の土地での仕事がいっぱい。となっていくように、ここにしか、ここでしか、という特別なものを作れる技をもったひとでいっぱいになるようなそんな風がふきつつあります。

バーコード、ISBNがない本。
あったとしても、そんな記号を飲み込んでいきいきしている本。
たぶん、こんな人達から、そんな本が生まれていくんだろうなと、ときめきます。

こわれものですが

このWEBサイト、いろいろと壊れ物でございます。
あぁ、あそこミスった。
あぁ、あそこ、あれ忘れた。
そんな事が多々ありますが、
お許しください。

じぶんのことは、まぁいいや。
と、仕事のパソコン作業か、
雪かきか、すりこぎか、レンチかスパナか、
冬の北海道にて奮闘しております。

どうぞ、おひとつ宜しくお願い致します。

パワーサラダbyキューピーのポスター写真

大通オータムフェストで使用するパワーサラダキッチン(ホテルニューオータニ&キューピー)ポスター写真を撮影しました。

てづくりガラスの器の形と厚みによる、光と影のゆらぎのおかげで随分やわらかい印象に。

がらす わたりがらす mana kumagai
ふーどでざいん 野歩 fumie kurokawa

imgp2309_%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%82%bf%e3%82%99_2

夏の夜のいきものたち

蛙 カエル

蛙は、何度か蛾を捕えることに失敗したせいか、しばらくぴくりとも動きませんでした
目の前、すぐのところに小さな虫、大きな虫がやってきても待ち、なにもしませんでした。

私は、餌を捕らえるところが見たくて観察してたので、さすがに十分ちかく動かぬ蛙に飽きてしまいました。

飽きて観察をやめようとしたとき、大きな蛾が気配を消した蛙になんども近づきました。
それでも蛙は動かず。

そうして、その大きな蛾は、だんだん蛙にぶつかりながら何度も近くにやってきました。
それからしばらしくして、私が『こんなに近くに獲物が来ているのに、この蛙はなにをしているのだろうか』と疑問に思うほど時間が経った時、
ばくり、と近づいたその大きな蛾を捕らえました。

思い返せば、いままでこの蛙が虫達を逃してしまった時、いつも羽をねらっておりました。
しかし、この時は蛾の胴をとらえてばくりとやったのです。

この時、この蛙は、周りにいた中では一番デカかったので見つめていたのですが、『この蛙はだめな狩人なのかな』とすら思っていました。
でも、そんなことはなく、短い時間で学んで違うスタイルで狩りをして随分大きな獲物を捕らえたのでした。

他のこの蛙よりもちいさな蛙たちは、もっと小刻みに狩りをしていて、結局餌を得られぬままでした。
この蛙の大きさは『ほかの蛙よりも狩りが優れて生きてきた』ということでもあると感じました。
でも、大きくなると次は昼間に目立つようになり、大きな獣から狙われるはずです。
そして、いま狩りの下手な小さなカエルからもちゃんといい狩人が育つんでしょうね。

瞬間、瞬間に、今このときに、
しっかり、生きている、生きてきた、いきものたちは、全てそれぞれの知恵のもと生き抜いてきたものたちです。

狩る生き物も、捕食される生き物も瞬間をしっかり見つめると、ちからづよくて感慨深くてたまりません。

夏の夜の生き物たち、おもしろくてたまりません。

ハーブの豊穣の季節

IMGP1509

やっとこの時期がやってきました。

この姿を見るまでは、本当はヒヤヒヤして過ごしています。

『果たして、今年、馨しい花々が咲くか』と毎日ヒヤヒヤしているのです。

でも、今年も心配をよそにこんなにもたくさん力強く花が咲きました。

この力強い植物のちからがあるからこそ、ひとがハーブを利用したときに力を与えてくれるのだと感じます。
収穫しているその時に、しっかりこの身体でそのように感じさせてくれる植物たちに感謝をします。

そして、この時間があっというまで、また違う季節に向かっていきます。
短く切ない暑い季節です。

この短い豊穣の季節をたいせつにして植物とのたのしい時間を愉しみたいものです。

今年もとびきり美味しいカモミールをお届け出来るので、ぜひお愉しみください。

BAR KIMURA in YUNI 2016/8/15

一日限りのBARイベントでドリンクを担当します。
ハーブティは出しませんが、いくつかレシピから考えたハーバルカクテルを出します。

bar kimura 由仁 木村 candle shop koko

ぜひお越しください。


知る人ぞ知る、噂のキャンドル・ショップ KOKO が、この日だけ、店主も代わって、ひっそりと一夜だけのBARを開店。

キャンドルが映える独特の空間を、夏に美味しいお酒と飲み物、こちらも噂の”のっぽのやさい畑”による一品料理、そして、店主選曲の音楽で、ひっそり盛り上げます。

開催日は、由仁町盆踊りの日。ひっそりと夏の夜を楽しみたい方、どうぞ。

日時:2016年8月15日(月) 16時開店 24時閉店
場所:candle shop KOKO
住所:北海道夕張郡由仁町中央46
電話:090-2071-0419